亀田大毅が語った父史郎との修業内容一覧まとめ【しくじり先生】

rnrtn

先日3月14日に放送された『しくじり先生』3時間SPでは元世界チャンピオンプロボクサーの亀田家次男の亀田大毅がしくじり先生となって現役時代の裏話や失敗から学ぶ授業を行っていました。

番組内容は以下の通り。

3月14日のしくじり授業は
調子に乗って国民から嫌われちゃった亀田大毅先生 & 安易に桜ソングに手を出しちゃった河口恭吾先生

亀田大毅先生

ボクシング元世界チャンピオンの亀田大毅先生が『調子に乗りすぎて国民から嫌われちゃった先生』として授業をしてくれました。3兄弟の中で落ちこぼれだったという大毅先生の幼少期から引退までの激動の人生を初告白。どうして調子に乗ってしまったのか当時の心境を交えて教えてくれました。大きな挫折から悟った大毅先生だからこそ「本当の強さ」とは、「弱い自分」を受け入れることだと学びました。

【担任】
若林正恭(オードリー)

【生徒】
吉村崇(平成ノブシコブシ)、あき竹城、足立梨花、榊原郁恵、澤部佑(ハライチ)、関根勤、横山由依(AKB48)

スポンサードリンク

亀田家3兄弟の父親の亀田史郎氏について

クリックすると新しいウィンドウで開きます

亀田家3兄弟といえば父、亀田史郎の漫画の世界のような厳しい特訓というイメージが定着していると思いますが当時の記憶がない若い世代の人も今では多いのでしょうね。

メディアで有名だったのはよく取り上げられていたあの卓球のピンポン玉を父親がまだ幼い亀田家3兄弟に向かって思い切り何度も何度も投げる付けるシーンが最も有名なのではないでしょうか。

他にも棒にボクシンググローブを括り付けて疑似スパーリングなんかもありましたよね。

個人的に強く印象が残っている修業は、トレーニングで使われる浜辺で大きな丸太を持ち上げるぶっ飛んだ修業が強く印象に残っています。

そんなぶっ飛んだ修業内容を考案するのは父親の史郎氏なのですが、史郎氏はもともと解体業を仕事にしていたそうですね。

こわもてなので何となく納得!

亀田史郎オフィシャルブログ「亀田三兄弟の親父」Powered by Ameba

 

 

そんな父親史郎氏による亀田家3兄弟の修業内容がしくじり先生の番組内で公開されていましたので紹介してまとめてみたいと思います。

修業時代の1日のスケジュール

gwegegeg

当時は小学生とかですよね??
学校と食事、睡眠以外の時間はすべて修業という事で相当過酷な日常生活だったのではないでしょうか??

しくじり先生でのエピソードでは友達も巻き込んで修業するなんてこともあったそうで、それだけ子供ながらにして修業付けの毎日だったのではないでしょうか。

父史郎氏考案の亀田家の修業内容

rnrtn
スポンサードリンク
vsdvbdvwegegwe

この2つの修業メニューは最も亀田家3兄弟を象徴する修業ではないでしょうか。

『ペンギン』とは!?

修業メニューの中で注目されていたペンギンについて紹介されていました。

何ペンギンって感じですが、これはどうやら7.5キロの重りを持ってただただ立つだけといういたってシンプルな修業内容です。

立っている姿がどうやらペンギンのような見た目という事で『ペンギン』と呼ばれているそうです。

wgsdgegwsgdsgsg  

毒蛇メンチとは!?

ペンギンとはうって変わって『毒蛇メンチ』という何ともまがまがしいネーミングの修業ですが、これは身の毛もよだつ毒蛇を目の前にして睨み付けるという、精神的な修業??という事です。

時に人を死に至らしめる程の毒牙を持った毒蛇という事で非常に危険な修業なので絶対に真似できない危険なことを小さいころから経験していたのですね。

fwfww

あとヴァンダレイという修業についても紹介されていましたが、これはサンドバックをかなり高い位置に吊るして、上に向かって打つ事でヴァンダレイシウバのようなボコッとした首回りや肩の筋肉の強化を目的とした修行法という事でした。

番組内で紹介されていたのはこのあたりの修行法で他の修業内容に関しては分からないのですがご存知の方がしましたらコメントなり問い合わせメッセージを頂ければと思います。

恐らくすべて紹介しきれなかったのでカットにされてしまったんだと思います。

というわけで今回は亀田史郎氏考案の修業メニューをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

この記事を気に入っていただけた方はぜひとも周りにシェアして頂けたら幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。