川谷絵音の謝罪文の内容全文はこちら 川谷はいつ入籍していた!?

川谷絵音の謝罪文の内容全文はこちら 川谷はいつ入籍していた!?

既婚者でありながら妻の存在を隠し、超有名女性タレント芸能人「ベッキー」と交際していた、今最もゲスな男として注目されている「川谷絵音」。
image

バンド名もさる事ながら「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音は週刊文春の取材に対して、現在では奥さんがいる事を認めているようですが、当初は結婚の事実を否定していたようです。

スポンサードリンク

以下川谷絵音の謝罪文全文

 マスコミ関係者各位
いつもゲスの極み乙女。およびindigo la Endを応援いただき、まことにありがとうございます。

このたび、明日発売が予定されております週刊文春の記事に関して、ご説明とおわびを申し上げます。

スポンサードリンク

明日発売予定の週刊文春において、私とベッキーさんとの関係が報じられた記事が掲載されるということを、本日聞き及びました。

このような形でご報告することは、いつも応援していただいているファンの皆様に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、私、川谷絵音は、昨年の夏に一般女性の方と入籍しておりました。

ベッキーさんとは、親しい友人としてお付き合いさせていただいておりましたが、既婚の身でありながら、私の軽率な行動によって、このように世間を騒がせる事態となりましたこと、深く反省いたしております。

ご迷惑をおかけしました関係者の皆様、ご心配をおかけしましたファンの皆様に、心よりおわび申し上げます。

去年の夏に入籍していたという事で、比較的最近の入籍にも関わらず、ベッキーとの関係とも不倫し、一般女性を捨てようとした川谷絵音は正に本当の下衆の極みなのかもしれない。。

もし、一般女性の川谷絵音の奥さんがLINEのやり取りを週刊文春にタレコミしたのかは分かりませんが、そうであれば怒りと悲しみしかない事でしょう。

奥さんの心中を察したいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。